音楽の仕事をするためには、音楽をたくさん聴いておこう

音楽の仕事をするためには、
  音楽をたくさん聴いておこう


【音楽人になるためには、音楽をたくさん聴いておこう】
ま:今回は、音楽の仕事がしたい!という方
あ:デビューしたい!という方に
わ:大事なお知らせです。
り:音楽に関わる仕事に就きたい人は大勢います。
け:全国から音楽好きな人が集まってくるわけです。
ま:ただ音楽好きなだけでなく、「仕事にしたい」と思うわけですから
あ:音楽に詳しい人が集まってくるわけです。
り:あ、別に音楽理論に詳しいという意味ではありません。
わ:いろんなジャンルの音楽を知っている、とか、
け:ロックについてなら誰にも負けない、とか。
ま:皆さんが就職したりデビューしたりした後、現場で出会う音楽業界の方々は、
あ:当然、皆さんより年上です。
わ:だから皆さんより古い音楽も聴いているし、たくさんの音楽を聴いています。
け:そんな音楽業界の先輩方と一緒に仕事をしていくためには、
り:古今東西の音楽を、とにかくたくさん聞いておくことが必要です!
わ:知っている音楽の幅が狭いと、
-----—小芝居----------
ま:(ディレクター風)
   「いやー、●●ちゃん、こんどの曲、’70年代っぽくしたいんだけどさぁ~」
あ:(若手 編曲家風)
   「済みませ~ん。1992年生まれなんで、’70年代なんて知りません。」
ま:(ディレクター風)
   「え?あ、そう。じゃぁ、今度の仕事は先輩の××さんに頼むことにするよ」
-----—小芝居----------
り:てなことになりかねません!
け:「’70年代っぽく」が
  「ボサノバっぽく」とか
  「ビートルズっぽく」とか
  「アリスっぽく」とか
  「テクノっぽく」とか、、、
あ:実際、その時の仕事によって何が出てくるか分からないわけです。
わ:マイコはCDどれくらい持ってるの?
ま:さ、30枚くらいかな。。
わ:そ、それって「普通の人」だよね。。
り:それで音楽の仕事をするのはツライな、きっと。
け:どれくらい聞いておけばいいもんですか?
師:「これだけ聞いておけば十分」という基準は無いが、
  プロの業界人だと家中CDが溢れてるような方も少なくないのぅ。
ま:家中~っ?
師:そこまで行かなくても、
  せめて「身の丈」くらいはCDを聞いておこう。
あ:聞いたCD(1.2mm)を積み重ねて身長の高さになるくらい?
わ:となると、俺は身長175cmだから1458枚?
師:まぁそんなもんじゃな。
ま:最近は公共の図書館でもCDが借りれます。
  また、たいていの音楽専門学校は学生ならCDが無料でレンタル
  できるので活用しましょう♪ 
【消費者としても音楽を支えよう】
け:音楽の仕事がしたい!人の中には
  CD製作・販売に関わる仕事がしたい!という人も多いと思います。
ま:しかし、日本レコード協会による
  音楽ソフト生産金額(レコード/CD/DVD)は、
  1998年の607,494百万円=6074億円 をピークに、
  2010年の283,612百万円=2836億円 と約半分に減少しています。
り:「えぇ~?
   そんなの音楽ダウンロードに流れてるだけじゃないのぉ~」
   と思うでしょう?
あ:こちらも日本レコード協会によると
  2005年に34,283,009千円=342億円だったのが
  2010年には85,990百万円=859億円に2.5倍増していますが、、
ま:あれ?
  CD/DVDは3000億円も減っているのに、
  音楽配信は500億円しか増えてない?

わ:つまり、
  「音楽業界全体が縮小している」ということです。
け:、、、ということは
  「音楽の仕事も減っている」ということ。
ま:、、、ということは
  「アタシがデビューできるチャンスも減っている」ということ?
  「デビューしても売れる枚数が減っちゃう」ということ?
り:そうならないためには、
   みんなでCDを買おう!
あ: 違法コピーは絶対に許さない!
【コピーと携帯プレーヤー】
師:特にCD-Rへコピーした場合、音質は元のCDの50-60%程度にガタ落ちじゃ。
  CD-RWにコピーしても、再生できるかどうか。
わ:エンジニア志望・クリエイター志望なら、絶対に元のCDを聞かなきゃダメですね!
け:iPhoneやiPodはどうですか?
師:iPhoneやiPodでは、音声データを圧縮して保存する。圧縮率は
  1/5~1/50までさまざまじゃ。圧縮技術はこの10年で大幅に進歩したが、
  「耳に聞こえやすい帯域は聞こえやすくなった」というところじゃな。
り:分かりやすく言うと
  「音質の変化・劣化がバレやすいところはガンバりました」ってとこ!
ま:ここも
  エンジニア志望・クリエイター志望なら、極力低圧縮、できれば非圧縮.wav
  などで聞かなきゃダメですね!
わ:ちなみに、たくさんのCDを収納するなら、このCDラック!
ま:うわぁ~♪お店みたい♪
け:普通の本棚じゃぁ厚みがありすぎるので、これならスッキリ!
あ:しかも、上のほうに比べて、下のほうが奥行きがあるので、安定感もバッチリ!
り:これでCD1688枚を大量収納。棚板も調整できるのでDVDも収納OK!


音楽専門学校に入る前に読んでおくブログ


まず、音楽の仕事を知ろう
音楽の仕事をするためには、音楽をたくさん聴いておこう
音楽の仕事! 楽しいけれど、楽じゃない ~3つの「楽」~

後悔しない音楽専門学校の選び方1 -まずはやりたいことを見つけよう-
後悔しない音楽専門学校の選び方2 -音楽専門学校を考える-
後悔しない音楽専門学校の選び方3 -専門学校の奨学金-
後悔しない音楽専門学校の選び方4 -プロのミュージシャンになる方法-

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

コメントはまだありません。

コメントする

CAPTCHA


クリエイティブ業界の求人情報

 
 Web、ゲーム、映像など
クリエイティブ業界の求人情報