バンドでデビューする方法⑥

バンドでデビューする方法⑥

ま:このシリーズでは、皆さんが気になる
「アーチスト・バンドとしてデビューするには?」を取り上げます♪
あ:「バンドでデビューする方法①
バンドでデビューする方法②
バンドでデビューする方法③
バンドでデビューする方法④
の続きです。
【オーディションに合格してから、デビューするまでの「時間」】
わ:今回は意味深なタイトルですね。
師:例えばケンジバンドがオーディションに合格したとしよう。
それから実際にデビューするまでどれくらいの時間がかかるか考えてみるんじゃ。
け:に、2ヶ月?
り:3ヶ月はかかるっしょ?
ま:半年?
あ:1年?
師:「じゃぁ来月デビューで、ヨロ」という訳にはいかんのは分かるじゃろう?
り:か、軽すぎるっス。。
わ:アマチュアバンドのCD製作でも、CD-RではなくCDプレスとなると、それだけで2-3週間
かかりますもんね。
師:その上、メジャー流通に流そうと思ったら、最短でも発売日の3ヶ月前には全国のCD店に
リリース情報を流して、予約オーダーを取らなければならんからのぅ。
け:そ、そんなに早く情報が流れるんですか?
師:実際、「その時には曲も決まってない」ということもあるがのぅ。。。
あ:えぇ!?それで予約が始まるんですかぁ???
ま:。。。くわしくは CDができるまで1もご覧ください♪
師:実際には
1.CDを作る計画がスタートして、
2.デビューシングルに入れる曲を決めて、
3.アレンジや演奏内容を見直して、
4.練習(リハーサル)して、
5.プリプロ(練習録音)して、
6.レコーディング(本番録音)して、
7.ミキシングして、
8.マスタリングして、
9.CDプレスして、
10.問屋さんに送って
11.CD店に並ぶ
まで、最短でも「4-6ヶ月」はかかるんじゃ。
わ:これだけ工程があるんですね。。。
り:どう考えても2ヶ月じゃ無理。。
け:で、メジャーデビューするとなったら、宣伝もしますよね!(^o^)/
ま:なんか異常にテンション上がってる。。。(;一_一)
師:そうじゃのぅ。実はそっちのほうが、さらに動きが早いんじゃ。
ほとんどのTV音楽番組の出演枠などは6ヶ月前には決まってしまうんじゃ。
雑誌類も3~4ヶ月前には枠が埋まり、どんなにギリギリでも雑誌の発売日1ヶ月前には
入稿していないと載せられないんじゃ。
あ:そ、それも相当早いですね。。。
わ:全国のCD店にリリース情報を流すとしても、メディア露出の予定が無ければ予約も入らない
だろうしな。。。
り:間違いない。。
【オーディションに合格してから、契約するまでの「時間」】
師:実際には、そんな実際の工程に入る「前の期間」があるんじゃ。
け:ど、どういうことですか?
師:アーチストをメジャーデビューさせるということは、そのアーチストに制作・宣伝・営業含め
最低でも数千万円の「投資」をするということじゃ。
どんな大手のレコード会社や事務所でも、オーディションで初めて会ったバンドに、
いきなり何千万円も投資するのはおっかない。
あ:誰でも普通、大きな買い物をするときは、いろいろ下調べをしますもんね。
師:最低6ヶ月くらいはライブを見に行ったり、打ち上げに行ったり、曲の手直しをしたり、
ちょっとしたデモ制作をしたり、いろいろ話をして「信用」ができないと、
「じゃぁ契約しましょう」ということにはならないんじゃ。
け:えっ、オーディションに合格していても、契約できないこともあるんですか?
師:そりゃそうじゃ。この段階では、
・バンド内でのそれぞれの役割分担や細かい力量・得意不得意
・バンドのプロ意識がしっかりしているか、方向性がそろっているか。
・社会人として契約や挨拶、基本的なルール(遅刻しないとか、連絡を欠かさないとか)
を守れるか
・どれくらいコンスタントにクオリティーの高い曲が作れるか。
・どれくらい個人やバンドで練習していて、今後伸びていきそうか。
などを見られているんじゃ。
ま:うわぁ~、厳しい~。。。(>_<)
わ:「バンドでデビュー」って考えてると曖昧ですけど、
「契約相手を決める」と思えば当たり前ですね。。
師:実際、バンドだと、CD発売前までにメンバーが脱退したり、解散してしまったり、
というのもよくあることじゃ。
ディレクターが一番恐れているのもそこなんじゃ。
あ:えぇ~、デビュー目前だったのにもったいない~(T_T)/~~~
り:でも、それまで曖昧に上っ面で付き合って和やかにやってきたのが、
「デビュー目前だったから」リアルに取り組みだして、そんな風に
なっちゃったんじゃないかなぁ。。。
わ:普段からしっかり厳しいことも言い合えるバンドじゃないとね!(^o^)/
師:また、女性アーチストだと、やはり男関係とか妊娠とかで活動できなくなるのが
一番怖いのぅ。。。
「お金が出てくると絡んでくる」、という輩も少なくないんじゃ。
け:こ、怖っ!(>_<)
師:レコード会社や事務所の立場で考えると、何千万とか億の投資を取り戻そうと思ったら、
アーチストには「なるべく長~く活躍してもらう」必要があるんじゃ。
最近は結構若くして結婚~出産・産休~復帰という女性アーチストも増えているが、やはり、
売れている時期に休むのは、見込み売り上げを失うことになるし、
残念ながら、復帰後もすべてのアーチストがそれまでと同じペースで活躍できる訳では
ないようじゃ。。。
わ:レコード会社や事務所は、
「今」だけでなく「数年後どうなっているか」も含めて判断している
ということですね。。
あ:特に20歳以上の女性アーチスト志望者は、よほど賢く立ち回らないと、メジャーデビューは難しい、ということですね。。

 

 

 



バンドでデビューする方法①
バンドでデビューする方法②
バンドでデビューする方法③
バンドでデビューする方法④
バンドでデビューする方法⑥
オーディションに合格する方法 ~まずはデモテープの審査方法を知る①~

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA